IPSコスメティックスについて

クレンジングの選び方もアンチエイジングにとって大切なことです 美肌のためのコスメティックスについて

コスメティックスには色々なものがあり、女性なら見ているだけで楽しくなるのではないでしょうか。
しかしその反面、どれが本当に使いやすく肌にも優しいものなのか
判断に迷う場面も多いかもしれません。

自分の肌の状態にあったコスメティックスを使う場合、どのようなものを選べばいいのでしょうか。

肌の状態は、年齢によっても変ってきますので、それに合わせて変えていく必要があります。
アンチエイジングが必要な年代になると、乾燥肌になる場合があります。

選び方を変えていく

更年期の場合には、顔だけでなく全身が乾燥しやすくなると言われています。

コスメティックスに、クレンジングは必需品ですが、強いクレンジング剤を使うと、
皮脂を取りすぎて乾燥がひどくなる場合があります。

肌に優しいクレンジングは、ミルクやクリームタイプと言われています。

オイルタイプは、肌の皮脂を取りすぎると言われていますが、
洗い流すことが簡単なことから多くの人に利用されています。

手軽で便利ですが、アンチエイジングが必要な世代には、不向きと言えるかもしれません。
年代に合ったコスメティックスが各メーカーから販売されています。

敏感肌の場合には、どんなコスメティックスを使う場合でも、スキンケア用品の場合には特にサンプルを使うと安心です。
私はIPSコスメティックスをおすすめいたします。

ipsコスメティックスがお勧め


肌の弱い方にも安心して使っていただける製品作りを心がけているからです。
また、シンプルケアで継続できるため、より高い効果を期待することができます。

 

乾燥から肌を守る「天然保湿因子」の働き

乾燥はお肌に大敵とはいっても、加齢や冷暖房の効きすぎた室内、乾燥しやすい地域に住んでいれば知らず知らずの内にダメージを受けてしまいます。
角質層に20%前後の水分が含まれている状態を肌に潤いがあると言います。

20%を切ると乾燥肌と呼ばれ、あらゆるトラブルが起こります。
この角質層は皮膚の一番外側にありますが、紫外線や摩擦から肌を守る役割を果たします。

肌を守るために重要な角質層には、天然保因子(NMF)と呼ばれるアミノ酸・尿素・ヒアルロン酸や、ケラチンと呼ばれるたんぱく質・セラミドなどの細胞間脂質から構成されています。

 

天然保湿因子には40%のアミノ酸が含まれていますが、アミノ関連物質は角層の水分保持に重要な役割を担っています。
天然保因子の中には多種の塩が含まれ、塩化処理をした場合は保湿剤同様の効果を発揮します。天然保因子のアミノ酸には、肌の保湿・バリア機能向上が認められています。安全性が高いためスキンケア・化粧品として使っても問題がありません。

赤ちゃんの肌に多く含まれているヒアルロン酸は、保湿力が高くサプリメントや化粧品にも活用されています。肌が乾燥した状態のままでいると角質層のバリア機能が低下します。
紫外線や細菌などの刺激を受けやすくなるため、日ごろのお手入れが欠かせません。

 

若い時は気にならなくても年を重ねることで、シミ・シワができやすくなります。生活習慣を整えサプリメントを活用し、保湿力のあるスキンケア用品を選びましょう。